ようちえん日記

2021.06.17

プラムジャムのつづきです。

何日も前から、小さいクラスのお友達にも『プラム』がとれたことをお知らせしています。

ゆりぐみの先生のお手伝いでプラムを運んできたつぼみぐみさん。つぼみぐみの先生に「はいどうぞ!」そしてお皿を渡した手にはまだ・・・

 

「あれ?手にも持ってたの?!」

「いいにおい~(#^^#)」

みんなにも「プラムだよ。甘いいいにおいがするね~」と順番にクンクン。

さてさて、そのプラムで作ったジャムですが

ゆりぐみさんはすでに味見済み。たくさんできたから、小さいクラスのお友達にもわけてあげよう!

ということで、今日はおすそ分け隊の出動です。

じゃんけんで、誰がジャムを持ち誰がお話するか、役割分担もばっちりです。

「ひまわりぐみさん!プラムで作ったジャムです。どうぞ食べてください。」

ちゅうりっぷぐみさんにも。

ちゅうりっぷさんみんなで「ありがとうございます!」

つぼみちゃんにも

「どうもありがとう(^^♪」

明日、みんなでいただきま~す!

 

 

 

 

2021.06.16

先日、年長さんのプラムジャム作りの様子をアップしましたが、幼稚園には実のなる木がたくさんあるんです!

園庭には梅、中庭にはびわとプラム、そしてこっそりかくれてみかんもあるんですよ。(みかんはほぼ観賞用ですが・・・)

だんだん暑くなってきて、太陽の日差しをしっかり浴びて、実った実が色付いてきました。

プラムの収穫の様子をご覧ください(^^♪

プラムがあるのはゆり組さんのお部屋の前。毎日眺めながら、この日を待っていました!

赤い実をとってみよう!

いい色だと思ったのに、裏側はまだ黄色かった・・・ということもありながら、手の届きそうなところだけ、ゆりぐみのみんなでとってみました。どれだけとれたかというと・・・

お皿に山盛り!黄色いものはもう少しお日さまに当てて、赤くなるのを待ちました。あっという間に赤くなり、甘いいいにおいがしてきましたよ。全部で100個くらいはとれたかも!

そして、先日のジャム作りにつながるのでした!実は梅も梅ジュースに変身中。その様子はまたアップしますね。

2021.06.14

ゆり組の前にあるプラムを収穫し、今日は園長先生とジャム作りをしました。

 

種を取るところを見たり、自分たちで砂糖を量ったりとジャム作りを楽しんでいたゆり組さん。

   

プラムを鍋に入れ、上から砂糖をのせると、女の子たちから「うわ~、砂糖のお布団みたい!!!」との声が・・・

かわいい表現に先生たちも思わずにっこり・・・

そして、いつも元気いっぱいの男の子たちも、あま~い香りにニコニコ😊

「まだかな?」「おいしそう~!」と出来上がりを楽しみに待ち、お弁当の時間に少しずつお味見しましたよ。

 

2021.06.11

今日は、幼稚園の各お部屋にいろいろなコーナーを用意しました。

どのコーナーでも好きなところで遊んでいいよ~!

手洗いや消毒をして気を付けながら、満3歳のつぼみちゃんから5歳のゆりさんまで、思い思いの場所で楽しみました。

まずはホールの『サーキットコーナー』

ちゅうりっぷのお部屋は『ブリオ(汽車)』

ひまわりのお部屋は『おえかきコーナー』

ゆりのお部屋は『おはなしコーナー』

同じところで夢中になっているお友達。ぐるぐる全部を行ったり来たりするお友達。

小さい子が「おもちゃを貸してほしいけど、どうやってお兄ちゃんに伝えようかな?」と考えている様子や、困っている子をみて「助けてあげようかな?できるかな?」と大きい子が見守る様子。

集団の中で生活するうちに、自分だけでなく相手を思いやる気持ちが芽生えてきます。年齢を超えての交流の中で育つものはとても大きいですね。

つぼみちゃんは午前保育だったのでひと足先にお帰りの用意をするためにお部屋に帰りましたが、「おうちいや!(まだあそぶ!)」と、大きいクラスのお友達がお片づけをしているところに戻ってくる子もいましたよ!

《載せきれなかった写真、動画を在園児保護者限定ページにアップしています》

 

 

2021.06.08

今日はおえかきの日。今回は年少組と年中組に先生が来てくださいました。

年少組のお友達、画用紙にたくさんのアイスクリームを描いています。

筆で絵の具を使って描くのも上手になってきました。

「できたアイスクリームをお皿に入れたり、冷蔵庫に入れたりしようか。」とクレパスでアイスクリームの周りを囲んでいきます。

みんな集中して黙々と描いていましたよ!

 

2021.06.08

何やら真剣な表情です・・・

こちらは先週の年中ひまわりぐみさん。ちょうど絵の具と綿棒を使って製作活動中でした。

 

紙の半分だけに模様をつけて、折ります。しっかりなでなでこすって広げてみたら・・・

素敵な模様が一面に広がりました!「わぁ~。きれいだね~!」これは、このあと傘に変身してお部屋の壁面飾りになりましたよ。

年長さんはあじさいとカタツムリの時計の壁面かざりでした。「これぼくが作ってん!」

また、参観日の時に見てあげてくださいね。

2021.05.28

みんな、何を見ているのかな?

「青虫さん、どこにいるかな?」「今日も元気かな?」と、ゆり組さんがお世話をがんばった青虫さん。

1週間ほど前にさなぎになり「まだかな?」「大丈夫かな?」「ちょうちょになってくれるかな?」と心配の声もちらほら聞こえていましたが・・・

なんと!今日、とてもきれいなアゲハチョウになりました!!

「よくがんばったね!」「おめでとう!!」「今日がこのちょうちょのお誕生日やな!」

とゆり組のお友だちもうれしさいっぱい!!

「せまいカゴの中では、かわいそうだから、みんなで外にだしてあげよう!」

「うん、そうしよう!!」

 

「げんきでね~!」「また遊びにきてね~!」とみんな、見えなくなるまで手を振っていました。

 

生き物のお世話を通して、優しい心が育ってくれたらいいな・・・と願っています。

 

2021.05.27

梅雨の晴れ間!年中のひまわり組さんがお庭でスクーターをしています。ひまわりになって初めて使える乗り物なので、ちょっとずつ練習しながら。今では格好が様になってきましたよ!

大人にはどれも同じように見えるのに、子どもにはそれぞれこだわりがあるようで・・・

 

赤色に乗りたい子、青色がいい子、どちらでもいい子。

先生が、「どうして赤色がいいの?」と聞いていました。すると一人の子が「だってな、赤はあったかいもん。青はおなかが冷たいねん。」なるほど・・・。その子なりの理由はあるんですね。そして、色から感じ取るその感性は素敵だな、と思いました。その後、赤が良かった子も、青のスクーターを先生に温めてもらって?!ちゃんと交代できていましたよ。

お砂場では・・・大きなお山作り。お山を作るために掘った穴に座りながらバケツに砂をいっぱい入れて、ザ~っと。

 

 

「お山作ってるの?」と聞くと「○○くんはお山作ってて、○○(自分)はちょっと(脚が)うまってるの(#^^#)」と茶目っ気たっぷりに言っていました。

またしばらくすると、スクーターを片付け、氷鬼が始まりました!

どうやら先生が鬼のようです。年長さんも加わってあちこちに散らばる子どもたち。息を切らしながら追いかける先生! 

どちらも必死です。途中で転んじゃう子もいたけれど、最後には「あ~楽しかった!!」

2021.05.24

 

朝の支度が終わってすぐ、年少のちゅうりっぷぐみさんと満3歳児クラスのつぼみぐみさんがお見合いをしています。

どうしたのかな?と思って見ていると「まだホールに行ったらだめだよ。」とお姉さんが教えてくれているようです。

「ここから向こうはいけないよ。」

『キャッ!キャッ!』つぼみちゃんはなんだか楽しそう。

最後はまねっこ大会になっていました。

みんなで笑って、あ~楽しかった!

2021.05.19

水曜日は年長と年中の子どもたちが礼拝堂に上がってお礼拝をする日です。

礼拝堂に上がると少し緊張感があって、子どもたちも静かに落ち着いてお話を聞いています。

年長組さんはろうそくや献金のお当番もしっかりがんばっていますよ!

年少組さんも、お部屋でチャプレン先生(牧師)のお話を聞いてお祈りしました。

 

ページの上部へ戻る